JR川崎駅近くのピアノ教室。子供から大人まで、初心者の方も多く通われている、クラシックピアノからポピュラーピアノまで学べる教室です。ポピュラーピアノではリズムやコードネーム、アレンジや作曲方法などの知識もご希望によって学ぶことができます。中高年の男性、OLや主婦の女性など、大人のピアノ教室としても大好評!!!

川崎ピアノ教室/子供〜大人まで、ポピュラー音楽を中心にピアノソロや弾き語りを


印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

川崎ピアノ教室 since 2017-03-01
last update2017-06-06

川崎ピアノ教室

 川崎ピアノ教室に通う生徒さんの演奏作品をご紹介するコーナー

生徒さんの演奏を当教室にて録音させて頂いたものを、こちらのページにて随時ご紹介させて頂くことにしました。当教室は、初心者の生徒さんも非常に多く、大人になって、本当にゼロからスタートされた方がたくさんいらっしゃいますが、通い初めて一年も経たない方でも、なかなかサマになってくるものです。是非、ご試聴下さい。


※このコーナーの試聴には、FlashPlayerが必要です。

Pops

オリビアを聴きながら

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
教室に通い初めて半年ほどの生徒さんの演奏です。
ピアノ経験がゼロだった生徒さんですが、教室に通い始めてからというもの、メキメキと上達していき、両手はもとより、ペダルも使って演奏をしている姿を見ていると、なんだか不思議な感覚すら覚えます。
ある時あまりの上達の早さに驚き、家でどんな練習をしているのか?と質問してみたところ、なんと仕事を終えた後、時には深夜まで練習しているそうな。
教えているハズのこちらさえ、頭が下がりますね。(汗)素晴らしい!

Love is ...

作編曲  :
演奏日  :


○講師コメント
初心者の生徒さんが、この教室に通い始めて数ヶ月。
基礎的な練習を最低限終えて、初めて「好きな曲」にチャレンジした演奏です。
どんな生徒さんも、基礎的な練習を始めてから3ヶ月もするとやはり少し飽きがくるようで、いよいよ「好きな曲が弾ける」となると、生徒さんの表情が変わります。
同時に、「両手と右足という3つのセクションが同時に動くのかしら?」なんて不安を皆さん口にされるのですが、動くんですよね~(人類の神秘!)生徒さんの努力、頭が下がります。

明日は来るから

作編曲  :
演奏日  :

○生徒さんコメント
CDに演奏を落としてもらい有難うございました。
弾いているのがプロじゃなくて私なだけに、ところどころずれている部分もあるものの、これまでのレッスンの成果をCDでもらえるのは嬉しいものですね!
こんなこと書くとナルシストっぽいですが、(自分の演奏なのに)何度も聴いてしまいました。
1 年前の自分ではとてもこんなに弾けなかったと思います。
私のような楽譜を読まない異端な者にも教えてもらえるのは非常に有り難いことです。

Charade

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
この演奏を録音させて頂いた生徒さんは、教室に通い始めてだいたい一年くらいの方です。
お仕事の方がいったん落ち着いたことと、娘さんがピアノを弾いていることが、ピアノを始めようと思ったきっかけと伺ったことを記憶しております。
ここまで弾けるようになったのも、自宅での練習をコツコツと積み上げていった生徒さん自身の努力だと思います。
すごいですね。僕も見習いたいところです。
さて今回の演奏には、ピアノのバックにStringsが入っています。
生徒さんからのご提案をうけて、僕がその場で入れました。(邪魔になっていないことを祈ります。。)
他にも例えば弾き語りとか、生徒さんのオリジナル曲であるとか、バラエティーに富んだ試聴コーナーにしていきたいので、今後も色々なタイプの音楽をお届けするべく頑張ります。

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
Op.1~4ページに収録されている「明日は来るから」を録音して下さった生徒さんの作品第二弾です。
この生徒さんはもともとクラシックピアノの経験がある中で、ポピュラーピアノならではと言える「コード弾き」や、「テンション」、「アドリブ」といった内容のレッスンを行っていたのですが、もうだいぶコツが掴めたのか、一曲の仕上がるスピードがどんどん上がっています。
ポピュラーピアノは、指を動かすという「身体的運動」に加え、リアルタイムで「頭で考えて弾く」ようなことを一方で行う平行処理なため、慣れないうちは、なかなか難しく感じます。
簡単に言えば、楽譜に書いてないフレーズをどう弾くか?ということでしょうか。
これは、言ってしまえばアドリブっていうものになる訳ですが、慣れてしまうと、ポップスや、JAZZ、バンド等、色々なジャンルへの対応が可能になってきます。
なので、幅広く音楽を楽しんで頂けるように、もっとたくさんの人に興味を持って頂けると嬉しいです。

Jazz

The Hills Are Alive (サウンドオブミュージック より)

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
今回は、形になるまでに期間的にもだいぶかかり、生徒さんも大変だったのではないかと思います。
といいますのも、それまでの曲に比べて何せ長い曲ですし、曲調も途中で変化したりと、色々な要素を含んでいるだけに、大変だったと同時に、収穫も多かったのではないか?と思っています。
楽譜的にはもう「初心者用」というレベルではなく、右手には当たり前のように和音が出てきますし、左手のアルペジオもだいぶ広い範囲を行ったり来たり。。
それでも何とか形になりましたし、素晴らしいと思います。
本当にお疲れさまでした。(今回大変だった分、次の曲はきっと簡単に仕上がりますよ~)

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
この生徒さんは今回が始めての録音だったこともあり、少し緊張していた中ですが、最後までしっかりと弾ききってくれました。
この教室に通い始めて以来、すっと嵐の曲を弾いています。
今回で4、5曲目くらいでしょうか。。
ピアノとは別にヴィオラを習っていることもあり、月に一回という少ないレッスン回数ではあるのですが、本人の性格なのか、譜読み等がとてもきっちりされていて、教えているこちらも不安がありません。
この調子で進んでいって欲しいです。
好きなアーティストがいて、その曲を自分で弾いて、、そういうことってとっても素晴らしいことだと思います。
ちなみに、せっかくヴィオラが弾けるのだから、他のピアノの生徒さんとのアンサンブルで、何か録音できたらと計画しています。
せっかくの試聴コーナーなので、これ以外にも可能であれば色々な編成のものをご紹介したいですね。(歌とか歌える人がいたら盛り上がりそうですね。。誰か歌って下さい~)

help

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
この生徒さんは、当教室に通われてから、半年くらいの生徒さんです。
クラシックピアノ経験者ではあったのですが、ポップスピアノにも興味があるということだったので、音譜を読むだけでなく、コードネームのことなども少しずつ説明していきながら、レッスンを進めています。
初めの頃はジブリの音楽などを弾いていましたが、最近はビートルズの曲を何曲が練習している中で、今回この曲を録音してみることとなりました。
メロディーはだいたい楽譜通りですが、左手はコードネームをもとに、ベーシックな伴奏スタイルに基づいて、自由に弾いています。
皆さんも、きっとどこかで聞いたことのある曲ではないでしょうか?

Can You Celebrate?

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
今回の曲は、全体の構成がとても大きく、楽譜の枚数も多い長編の曲となりました。
この教室に通い始めてから、もう二年目になる生徒さんなのですが、まったくのゼロから始めたものの、練習への取り組み方がとっても熱心で、みるみるうちに上達していきます。
本当に凄いです!初めは「初心者向け」をかなり意識した譜面を用意して弾いていたわけですが、どんどんとこなしてしまうので、この曲に関してはほとんど簡略化されていない楽譜を用意しました。
ですので、右手の和音や、左手のリズムなど、両手で弾く際に左右とペダルと、とっても複雑になってしまうわけで、初めは少し大変そうでしたね(汗)
譜面を用意したこちらも、一瞬不安になってしまいましたが、長い期間をかけて練習した結果、見事、弾ききりました。
地道な努力、本当に素晴らしいと思います。お疲れさまでした。
さて、2011年に録音した楽曲第一号となりましたが、実は昨年録り終えて、まだアップしていない楽曲がいくつかありますので、随時アップしていきます!!

アンチェンドメロディー

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
聴いていて癒されますね。
この生徒さんは、割合と最近通い始めた方なのですが、小さい頃にクラシックを習っていたこともあり、基礎がしっかり出来ているので、演奏も安定していて、素晴らしいと思います。
練習曲を弾いていても、強弱や、スラー等、楽譜に忠実に演奏することができるので、今後、もっと感情的な表現を必要とする楽曲だったりを演奏する時が非常に楽しみです。

Inst&Cinema

Happiness

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
2011年掲載第2号となります。
曲名は「Happiness」です。
テンポ感のある曲で、左手のリズムのキープがなかなか大変なのですが、生徒さんが頑張ってくれたと思います。
テンポ感を出さないといけない曲は、やはりある程度音をたくさん弾かないと雰囲気が出ないのですが、今回の場合譜面自体の音数が少ないので、逆に難しかったかもしれません。
譜面が簡単な方が逆に難しくなることもあるなんて、なかなか奥が深いですね。
録音にも少しずつ慣れてきたようで、よかったです。
ちなみに昨年より、たくさんの生徒さんに演奏の録音をして頂いていて、まだ数曲の掲載待ちの状態で残っておりますので、順次アップロードしていきます。

Falco

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
現在受験勉強真っ最中の高校生が今回録音にチャレンジしてくれました。
まだまだピアノは習い立てでして、基礎的な部分を強化する教材を使ったレッスンを進めていますが、練習曲ばかりでもつまらないので、本人が選んだこの曲を演奏してみることになりました。
テンポを安定させるために、多少ゆっくり弾いています。
やはり、はじめはゆっくり、しっかり弾くことが大事だと思うので、気持ち的にはもっととばして弾きたい気持ちもあると思いますが、雰囲気で弾くよりは、しっかりと弾くことが大事だと思っています。
引き続き、頑張って貰いたいですね。
受験勉強の息抜きになるといいですが、、、

桜色舞うころ

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
当初より、ポップスに意識をおいた演奏という視点でのレッスンを行ってきたつもりなのですが、最近また少し音の出し方やリズム、グルーブのイメージなどがポップスのイメージに近づいてきたように思います。
クラシックとはやはり傾向が違うため、その違いを理解するには少し時間がかかるのですが、いい感じになってきました。
引き続き、頑張ってもらいたいです!

チム・チム・チェリー

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
この生徒さんは4曲目の録音になりますが、曲の傾向はなんだかんだで変わるだけに、慣れという部分はあまりないようで、毎回大変そうですが、なんとか頑張ってくれています。
やはり基本が大事になってきますので、右手のみ、左手のみ、ペダル、指使いといった部分を、より意識してクセにしていくことが上達への近道だと思います!

Melodies Of Life

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
最近教室に通い始めた生徒さんなのですが、この方は小さい頃に割とみっちりとクラシックピアノの指導を受けていたため、久々とはいえ、だいぶ基礎的な技術に恵まれていて、複雑なリズム等もなんなく弾いてしまう生徒さんです。
ペダリングや、音色、強弱などつけ方などアドバイスしたものの、基礎的な技術は備わっているため、どちらかというとわたしは聞いていただけですね(笑)
今また新曲に取り組んでいるので、また仕上がりましたらアップさせて頂こうと思っています。

夢を味方に

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
この生徒さんは初心者で女子高校生なのですが、将来の進路で保育士さんを希望しているため、その準備にと、当ピアノ教室に通ってくれています。
本人がとっても前向きで、根気よく続けてくれているので、その分成長も早く、今回が始めての録音であり、はじめて弾く「曲」であるわけですが、なかなか上手に弾けていると思います。
ここから先がまた大変かと思いますが、これから進路の方も決まってくるわけですし、ピアノが上手な、素敵な保育士さんになってもらいたいです!

未来予想図

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
今回は、未来予想図を録音していただきました。
結構、音数も多いアレンジとなっておりますが、これ実は、レッスン用の楽譜ではなく、以前とあるお仕事の時にわたしが編曲した譜面をそのまんま使用しましたので、結構大変だったのでは?と思うのですが、着々とこなしていける生徒さんなので、なんなく弾いてもらっちゃいました。
引き続き、頑張っていただきたいですね!

Overture Ristaccia

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
今回は、生徒さんご自身が持ち込んでくださった楽譜で、「Overture Ristaccia」という楽曲を録音していただきました。
わたしもまったく知らなかった楽曲ですが、作曲家的な視点でみても、曲の展開がとても素晴らしく、聞いていて楽しかったです。
曲想がどんどん展開していくわけですが、各セクションの弾き方はまったくことなるため、その切り替えや、コントラストを大事にしたら良いのではないかと思い、そのようにご提案しつつ、レッスンをすすめさせていただきました。
正直とっても難しい曲だと思うのですが、色々な想像力を使って、素敵な曲に仕上がったのではないかと思います。
次はどんな曲を持ってきていただけるのか楽しみです!

未来へ

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
今回の曲目はKiroroの未来へです。
今までに何曲か弾いていただいた生徒さんですが、演奏がとってもきっちりとされていて、聞いていて安心できる演奏になったなーなんて思っています。
次の曲は何ししましょうか?という話になったのですが、、Kiroroつながりで、「長い間」を練習する予定です。
長い間は、わたしが中学生くらいの時に、お店の有線放送で流れていた時に、いい曲だなぁと思った記憶が鮮明に残っています。楽しみです~

ゴッドファーザーのテーマ

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
これで、録音するのも4曲目くらいでしょうか?
生徒さん本人は、「右手だ左手だペダルだと、もう頭が働かない」といつもおっしゃっていますが(笑)
やはり曲数が増える度に、一歩一歩成長しているのが分かります。
最近の課題は、曲を一定のテンポで弾ききることです。
誰でもあることですが、やはり簡単な部分はテンポがあがり、難しい部分はテンポが下がるというのが、人間の常だと思いますが、やはり人に聞いていただく音楽なので、テンポは自然な形で一定に保たれるのが望ましいと思っています。
これもまた、皆さん直面する課題だと思いますので、焦らず、継続していただけたら、自然と技術は上がってくるものなので、引き続き、頑張っていただきたいですね。
ちなみに、現在は、X JapanのForever Love に挑戦しています。次回、お楽しみに!

Blind Justice

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
この曲は、曲調が様々に変化し、気持ちを込めてメロディーを歌う部分と、技巧的に正確にきっちり弾く部分と、色々と混ざっているため、きっと弾くのは大変だろうなぁと思いながら聞いておりました。
本業が作曲であるわたしにとって、ストーリー性がある楽曲って大好きなので、聞いていて色々と勉強になった部分も多いです。
いったいこういう楽譜をどこで手に入れてくるのか、わたしには分かりませんが、また、素敵な曲が聞けるのを楽しみにしております。

あなた

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
毎度、安定した演奏です。
自宅での練習をしっかりみっちりやられているようなので、まだ2年目くらいと思いますが、すくすくと成長しております!
先日、この生徒さんに可愛らしいポピーというお花をいただきました。
リビングに飾っておいたのですが、なかなかそういう生花を置くことなど無いので、雰囲気が変わって、とっても素敵でした。
いつもありがとうございます。

うれしい! たのしい!大好き!

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
最近ご結婚された生徒さんの演奏です!
当初より、ポップスの演奏を意識し、コードネームを主体として譜面を読んで行くことを実践しておりますが、最近はそれにも慣れて来たので、グルーブと言いますか、楽曲のノリに関しても、意識し始めているところです。
秋には渋谷にて発表会を予定しておりますので、その時に何を弾いていただくか、ただ今検討中でございます。

恋に落ちて

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
同ページ内、「あなた」を演奏された生徒さんの作品です。
この曲みなさんご存知でしょうか?
この頃の曲って、歌心があって、なかなか名曲が多いと思っているのですが、この曲もその中の一つだと思います。
この生徒さんは、今までこういった作風の曲の演奏が多かったですが、現在初の、Jazzテイストの作品に挑戦しております。
和音の数が多く、なかなか大変そうですが、仕上がってきているので、また出来上がりましたらご紹介したいと思っています。お楽しみに!

ニューシネマパラダイス

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
先月行われた当教室発表会での演奏曲のご紹介、第一弾となります!
この生徒さんは、最近通い始めた女子高校生ですが、今までついていらっしゃった先生が素晴らしかったのか、演奏面ではタッチがやわらかく、感覚面では音楽を感じる力も柔軟で、今後も素敵な音楽性を伸ばしていって欲しいと思っています。
今回の発表会でも、トリを飾っていただき、お陰さまで、素敵な発表会となりました。
演奏曲目を決める際、何を弾きたいか?と本人に尋ねたところ、「特には。。。」的な反応だったので、わたしの尊敬する作曲家である、映画音楽界の巨匠、エンニオ モリコーネ大先生の名曲を弾いていただくこととしました。
皆さんもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?
4部形式になっているのですが、まるで喜怒哀楽のような、人の感情の様々な色合いを表しているようで、大好きな曲です。
本番は、聞いているこちらも、楽しく聞いておりました。
次回は何を弾いてもらおうかな~(笑)

永遠に

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
ゴスペラーズの代表作の一つと言える、「永遠に」です。
メロディーはそのまま生かしつつ、伴奏の方は、コードネームをもとに、生徒さんとわたしとで話合いながら、「こうしたらもっと盛り上がりそうだ」などど考えつつ、自分達で作りあげました。
この曲は去年行われた発表会でも弾いていただいた曲です。
今年も、秋くらいに発表会ができたらいいな~なんて、思っております。お見事!

守ってあげたい

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
松任谷由実さんの「守ってあげたい」です。
途中、右手と左手のリズムがたまにややこしい箇所があったりで、多少苦戦しましたが、基本的にはすんなり録音までたどりつきました。
初録音、お疲れさまでした~この生徒さんは、現在平井堅さんの曲に挑戦しております!お楽しみに!

ハナミズキ

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
あの有名な名曲。ハナミズキです。
楽譜は一応ありましたが、コードネームを見て、本人が、和音の構成や、オリジナルのフレーズを考え、伴奏を録音しました。
メロディーは、僕が弾きました。邪魔をしていたら、ごめんなさい。よくできたと思います。

雨だれ

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
2013年の当教室発表会で弾いていただいた曲を録音しました。
本番は、練習の時と同じか、それ以上のなかなか堂々とした演奏で、安心して聞くことができました。
来年も是非、出演して下さいね~

Book of days

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
2013年、当教室発表会で弾いていただいた曲です。
ピアノを始めて約1年。
初心者からのスタートでしたが、非常に着々と練習ができる性格からか、どんどん上達し、本番も、雰囲気に飲まれることなく、練習してきた成果が現れた演奏となりました。
今後も、この調子で成長していってくれたら嬉しいです。

浄罪の道

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
2013年当教室発表会で弾いていただいた曲です。
本番は緊張していたようですが、なかなかうまくいきました!
去年、今年と、掴みつつあるので、来年は、より素晴らしい演奏が期待できそうな予感です。
仕上げていきましょう!

ニューシネマパラダイス

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
2013年の当教室発表会のとりを飾っていただいた、楽曲です。
講師であるわたしの一番好きな曲でして、去年に引き続き、今年もこの曲でしめさせていただきました(笑)
小さい頃からピアノを始めていただけあり、とっても良い音楽を、本番演奏してくれました。
来年も是非、何か良い楽曲を弾いていただけたら嬉しいです。

愛を奏でて

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
うちの教室の最終兵器的存在だった、女子高校生も、早くも3年生となり、受験のシーズン。
残念ながら、この楽曲を最後に、当教室を去ることとなりました(涙)
引っ越しの関係で、わたしの教室にやってきたのは、彼女が高校一年生の時。
始めて彼女のピアノの音を聴いた時に、確かな基礎的土台と、稀な音楽センスを感じたことを今でも覚えています。
確か、その時の僕のコメントは、「前の先生ってどんな先生だったの?男の人?女の人?(笑)」
タッチがしっかりしているのにしなやかで、基礎がしっかりしているのに、音楽性が自由だったり。とても良いバランス。
稀なバランスだなーと思いましたし、音に嫌味が無かったのも嬉しかったなー。
前の先生がとっても素敵だったんだろうなーと、思いました。
わたしはいわゆる「演奏家」ではありませんが、「作曲家」ではあるので、そんなわたがリレー出来ることは、彼女の発想や、音楽性を伸ばすこと。
そう思って、曲の捉え方を、あーだこうだと自分勝手に指示していたわけですが、本当に反応の早さと、音楽の捉え方が上手で、かつ人の言葉を受け入れる素直な性格が、また彼女の強みでもあると思いました。
2度の発表会の出場で、わたしの好きな曲を、弾いてくれたことも嬉しかったなー。
ニューシネマパラダイスなんかは、本当に喜怒哀楽がある曲で、まだ高校生だけれども、たくさんの感情にアプローチしてくれて、嬉しかったです。
ピアノの音に嫌味が無いって、本当に大切な事だと思います。
人に聴かせる音楽である以上、受け入れられる音で無ければ意味が無いですし、「音は人なり」と信じているわたしとしては、結局は、人間性が音に反映するわけで、そういった意味では、本当に、今後、音楽も、人生も、頑張って欲しいですね。
とりあえず、一般の大学を受験するようではありますが、是非、また受験が落ち着いたら、音楽を活かせる場を探して、良い音楽家や、良い音楽に出会って行って欲しいと思います。
世の中には、美しい音楽、美しい人間が、稀に存在するので、そういう人達に出会って、是非ナイスな大人になってね☆

枯葉

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
jazzのスタンダード枯葉です。
非常にしっかりとした足取りの枯れ葉になりました☆こういうのもいいですね~

Beautiful target

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
韓国の人気ボーカルグループの楽曲です。
躍動感がある楽曲なので、それを表現できるように意識しました。
ピアノでビード感を出すのはなかなかのリズム感を要しますが、なかなか良く仕上がっていると思います。

赤いスイートピー

作編曲  :
演奏日  :

○講師コメント
あの有名な楽曲、「赤いスイートピー」を、少し、お洒落なアレンジにしてみました。
和音がこっている分、演奏はなかなか大変なわけですが、日々の練習量が多いので、なんなく弾けてしまいました☆
こういったサウンドの楽曲は、ある程度慣れとコツが必要で、今回は始めてですが、もっともっとこういった曲をやればもっと、お洒落な音のセンスが磨かれると思います♪
引き続き、頑張って欲しいです。

尚、このサイトにて扱っているすべての著作物の無断での利用は禁止となっております。


サウンドハウス

当教室講師も長年利用!!楽器を買うなら「サウンドハウス」がオススメです。